• 学会活動

学会セミナー「子どものランニングを考える」開催

セミナーの様子のご紹介

2015年11月1日

ランニング学会セミナーが「子どものランニングを考える」をテーマに岐阜聖徳学園大学を会場に実施されました。午前中は佐藤善人先生(岐阜聖徳学園大学)による講演。「共走」という概念を用いて、小学校と中学校で継続して実践した成果が発表されました。午後は、佐伯徹郎先生(日本女子体育大学)、田口智洋先生(高山市立中山中学校)、髙田由基先生(名古屋市立弥富小学校)によるシンポジウム。それぞれの研究、実践の立場からご提案いただき、フロアとディスカッションをしました。その後、喜多秀喜先生(流通経済大学)と髙田由基先生による実技指導。喜多先生は競技・部活指導、髙田先生は小学校の体育指導を視点に具体的な指導例が紹介されました。

約30名の参加者とともに、子どもにとってどういったランニング指導がよいのかを真剣に、そして楽しく考えた一日となりました。

学会セミナー「子どものランニングを考える」

概要

10月31日に、学会セミナー「子どものランニングを考える」が開催されます。このセミナーは、認定指導員のポイントになります。

期日

平成27年10月31日

会場

岐阜成徳学園大学 羽鳥キャンパス 7108教室およびグラウンド

岐阜市柳津町高桑西1-1

058-279-6573(佐藤研究室)

日程

10時〜  受付

10時半〜 企画1

『「共走」概念を基盤とした義務教育期の長い距離を走る運動のカリキュラム開発』

昼食

12時半〜 企画2

シンポジウム「子どものランニングを考える」

14時半〜 企画3

子どもへの実技指導法の研修会

16時   終了

その他

  • 企画3の実技研修会に参加される方は、運動できる準備をしてください。
  • 雨天の場合でも体育館で実技を行います。
  • ランニング学会認定指導員の研修会を兼ねています。詳細は指導員要請委員会へお尋ねください。

要項およびお申込み(FAX送信票)

要項

FAX送信票