• 学会活動

2013年度ランニング学会助成研究

研究課題 研究代表者(所属)
LTを越える強度におけるランニングエコノミーを決定する要因の検討 丹治史弥
(筑波大・大学院)
分岐鎖アミノ酸投与によるマラソンによる筋損傷と炎症抑制効果 石倉恵介
(筑波大)
市民ランナーの足裏形態とランニングフォームについて 〜アミノバリューランニングクラブメンバーを対象として〜 井筒紫乃
(日本女子体育大)
市民ランナーの実態調査にもとづいたフルマラソンのためのトレーニングとレース指針の作成 森 寿仁
(鹿屋体育大・大学院)