• 学会誌

機関紙・発行書籍について

ランニング学研究 Journal of Running Science

ISSN:0919-4312

Ranningugaku kenkyu

1990 VOL.1 NO.1

短評

○山地 啓司

ランニングを科学する

○山西 哲郎

ランニングの思想的研究について ─文学からの視点─

○野田 晴彦

学会誌上を市民ランナーも走れるのか?

論文

○山地 啓司、池田 岳子、横山 泰行、松井秀治

最大酸素摂取量から陸上中長距離、マラソンレースの競技記録を占うことが可能か

○稲垣 敦、松浦 義行、関岡 康雄、田中 喜代次

短距離走動作に関する主観的情報構造の短距離走能力による差異

○田中 喜代次、三村 寛一、 鈴木 従道、佐藤 光子、渡辺 完児、中谷 秀臣、門田 理世

長距離走成績に関する乳酸性閾値および最大酸素摂取量 ─2種のエルゴメトリの比較─

○日比野 敏行

1ヶ月走行による血液生化学的変化に関する事例的研究

○石井 好二郎、豊岡 示朗

夏季の屋外60分間走における発汗量