• 学会誌

機関紙・発行書籍について

ランニング学研究 Journal of Running Science

ISSN:0919-4312

Ranningugaku kenkyu

MAR.1991 VOL.2 NO.1

論文

○駒井 節夫、本間 聖康、白石 龍生、後和 美朝、上林 久雄

フィールド走とトレッドミル走との比較 ―血中乳酸濃度を基準として―

○宮田 浩文、吉永 弥生、勝田 茂

調整期におけるReducedトレーニングは長距離走にとって有効か?

○山地 啓司、金子 龍一

マラソン・レースにおける辞退率と放棄率

○日比野 敏行

血液生化学検査により長距離走後の筋肉疲労を定量的に判定する試み

○鳥居 俊、森本 兼曩

ランニングの健康度への影響 ―首都圏在住の男子ランナーの調査結果―