• 学会誌

機関紙・発行書籍について

ランニング学研究 Journal of Running Science

ISSN:0919-4312

Ranningugaku kenkyu

JUN.1999 VOL.10 NO.1

特別奇稿

○宇佐美 彰朗

ランニング走法について ―私の経験と指導から―

論壇

○藤田 俊英

体育と土木が交流し、エアロビクス・インフラが日本を育む

―∬{体育・土木}δsδt=大往生!

総説

○河合 美香、木村 みさか、鈴木 愛子、佐々木 由美

ランニングとタンパク栄養

論文

○山崎 利夫

市民マラソン大会における参加行動とその規定要因

―「いぶすき菜の花マラソン大会」参加者について―

○大後 栄治、植田 三夫、石井 哲次、上条 清美、弘 卓三

LTを基にしたトレーニング計画の研究 ―神奈川大学箱根駅伝参加選手の特性―

○山地 啓司

インターバル・トレーニングの強度、時間および頻度と最大酸素摂取量の変化

○金子 龍一、橋爪 和夫、井口 文雄、山地 啓司

富山県の若いエリート中・長距離選手にみられるvVO2maxの意義

資料

○山中 鹿次

ランニングと社会貢献

第10回ランニング学会大会・一般研究発表抄録