• 学会誌

機関紙・発行書籍について

ランニング学研究 Journal of Running Science

ISSN:0919-4312

Ranningugaku kenkyu

JUN.2000 VOL.11 NO.1

総説

○山地 啓司

高所トレーニングの至適な標高はいくらか

○中垣内 真樹、田中 喜代次

一般健常者および有疾患者の全身持久性体力 ―運動処方への応用―

原著論文

○山内 武、卯田 一平、土屋 和之、吉田 敬義、林 直亨

運動性貧血競技者に対する鉄剤投与についての事例的研究

○J.onizuka, K.murakami, M.sinndou, H.tanaka

The relation between critical running velocity and the results of indiviual events during the decathlon

○石井 好二郎、松生 香里、福嶋 利浩、和田 光代、宮原 清彰、梅林 馨、豊岡 示朗

女性ランナーの暑熱環境下走行時における含水スポンジによる身体冷却効果

特集

長距離走のランニング・フォームを考える

1. シンポジウム「トップランナーと語る:『経験の知』を掘り起こす」

野崎 忠信、藤牧 利昭、宇佐美 彰朗、喜多 秀喜、石井 隆士、大久保 初男、
増田 明美、吉田 光代、森丘 保典、持田 尚、榎本 靖士

2. 長距離走における走動作のバイオメカニクス的分析

榎本 靖士、阿江 通良、岡田 英孝

第11回ランニング学会大会・一般研究発表抄録