• 学会誌

機関紙・発行書籍について

ランニング学研究 Journal of Running Science

ISSN:0919-4312

Ranningugaku kenkyu

JUN.2002 VOL.13 NO.1

原著論文

○Yasuki Higaki, Yoko Kajiwara, Munehiro Sinndo, Hiroaki Tanaka

Relation of psychological stress to athletic amenorrhea

○山内 武

競技会直前の最終刺激練習に関する競技者の意識

第13回ランニング学会大会シンポジウムⅠ

○山地 啓司

マラソンと高地トレーニング報告

○井本 岳秋

長距離・マラソン選手の高地トレーニングのリスクと課題

○和田 光代

高所トレーニングとマラソン

シンポジウムⅡ

○高部 雨一

東京オリンピック・マラソン報告

キーノートレクチャー

○石毛 勇介

ランニングトータルサポートシステムの構築へ向けて
―横浜市スポーツ医学センターにおける取り組み―

第13回ランニング学会大会・一般研究発表抄録