• 学会誌

機関紙・発行書籍について

ランニング学研究 Journal of Running Science

ISSN:0919-4312

Ranningugaku kenkyu

APR.2005 VOL.16 NO.2

特集「ランニングをどう伝える? どう受け取る?」

○高丸 功、佐伯 徹郎

ランニングとジャーナリズム
~中長距離走研究会におけるディスカッションからの話題提供~

○佐伯 徹郎、高丸 功、野口 純正

中長距離の記録データに関する一考察

○高部 雨一

ランニングとジャーナリズム

○森野 繁晴

スパルタスロンの報道に思う ―我々はランナーの「内面」をどう伝えるべきか?―

○鈴木 彰

ランニングの情報提供 ~ネットの可能性を考える~

研究報告

総説

○三本木 温、佐伯 徹郎、高松 薫

筋力・筋力パワーからみた長距離走による脚筋疲労に関する研究

事例・症例

○山本 正彦、高丸 功、池内 紀勝、木村 瑞生

215kmマラソンにおける心身の負担およびエネルギー摂取量に関する事例研究

第16回ランニング学会大会・プログラム報告

第15回大会優秀賞 講演

○榎本 靖士、阿江 通良

長距離走動作のバイオメカニクス的評価

○木村 みさか、鈴木 愛子、足立 哲司、原田 直子、豊岡 示朗

大阪国際女子マラソン大会出場者の記録とBMIの変遷

解説

○佐藤 光子

ランニング・クリニック「ハートレイトモニターを使いこなそう」

特別講演

○有吉 正博

F. ショーターからの21世紀への提言より

シンポジウム

高部 雨一、伊藤 静夫、永井 純、石井 隆士、小野 友誠、榎本 靖士

日本の中距離はなぜ躍動しないのか

キーノートレクチャー

○白石 仁

ランナーのコンディショニング

○征矢 英昭

脳フィットネスを高めるスローランニング

○山西 哲郎

Slow Running

○村越 真

森を走れば速くなる