• 学会誌

機関紙・発行書籍について

ランニング学研究 Journal of Running Science

ISSN:0919-4312

Ranningugaku kenkyu

JAN.2008 VOL.19 NO.2

◆第19回ランニング学会大会プログラム報告

シンポジウム

榎本 靖士、渋谷 俊浩、鳥居 俊、山本 泰明、横澤 俊治

バイオメカニクスのランニング現場への応用

ランチョンセミナー

森本 武利

ランニングと水分

ラウンドテーブルII

豊岡 示朗

中長距離種目のパフォーマンス向上にランニング科学を用いる
ー記録を高めるトレーニング法ー

ワークショップI

山西 哲郎、山中 鹿次、坪 健治、古谷 淳子、原田 達

市民ランナー、市民マラソンのこれから

ワークショップII

有吉 正博、鉄村 和夫、足立 哲司、前河 洋一、生田 香明

子どもの駅伝・マラソンを考える

市民公開シンポジウム

足立 哲司、串間 敦郎、山内 武、渡嘉敷 晶子

アミノバリューランニングクラブ2006
ー2年間の成果と課題ー

◆海外文献紹介

中垣 浩平

尾尻 義彦

伊藤 静夫

山内  武

編集後記