• 学会誌

機関紙・発行書籍について

ランニング学研究 Journal of Running Science

ISSN:0919-4312

Ranningugaku kenkyu

2010 VOL.23 NO.1

◆研究報告

原著論文

佐藤善人、樺山洋一

小学校体育における持久走に関する研究

―「機能的特性」に依拠した授業における児童の態度と持久力の変容―

平田 海、磨井祥夫

24時間リレーマラソンにおける疲労に伴う身体反応の変容

中嶋南紀、中井 聖、豊岡示朗

ランニングクラブ会員の生理学的プロフィールとクラブ運営の方向性

―Mクラブについて―

高橋将記、的場秀樹、佐竹昌之、前田健一、小原 繁

中高年者における10km走での疲労感と酸化ストレス及び抗酸化能力の関係

◆第23回ランニング学会大会・プログラム報告

1)プログラム報告

<特別講演>

大平充宣

宇宙・人間・運動

<シンポジウム>

小原 繁

市民マラソン大会の運営の在り方

―エコマラソン&住民との共存―

<前年度優秀発表1>

辻村真一、鍋倉賢治、吉岡利貢、中村和照、宮本健太郎、藤本祐太、山海嘉之

市民ランナーを対象としたWebベースのトレーニング管理システムの開発

<前年度優秀発表2>

佐藤善人

義務教育期における「長い距離を走る運動」の問題点の検討

2)一般研究発表抄録

編集後記