• 学会誌

機関紙・発行書籍について

ランニング学研究 Journal of Running Science

ISSN:0919-4312

Ranningugaku kenkyu

DEC.2013 VOL.24 NO.2

◆研究報告

原著論文

山地啓司、橋爪和夫、井口文雄

思春期ランナーを対象にした最大酸素摂取量のべき指数と最高有酸素的ランニング速度からみた1,500mのレースタイム

青木謙介、松原裕一、向井直樹、宮本俊和

高校生陸上競技選手におけるスポーツ外傷・障害と下腿内側痛に関する調査

◆第24回ランニング学会大会・プログラム報告

シンポジウム

狩野 豊、榎本靖士、忠鉢信一

マラソン2時間を考える

鍋倉賢治、豊岡示朗、田中宏暁

ランニングと脂肪代謝―20分以上運動しないと脂肪は燃えないのか?―

キーノートレクチャー

吉岡利貢

ランナーのためのクロストレーニング

総目次

投稿規定

編集後記