• 学会誌

機関紙・発行書籍について

ランニング学研究 Journal of Running Science

ISSN:0919-4312

Ranningugaku kenkyu

FEB.2014 VOL.25 NO.1

◆研究報告

原著論文

森 寿仁、竹内良人、太田敬介、山本正嘉

市民マラソンレースにおけるランナーの疲労特性とパフォーマンスに関連する要因

―いぶすき菜の花マラソンを対象とした調査研究―

後藤晴彦、鳥井 俊

21世紀の市民ランナーのランニングスタイル

北嶋康雄、佐々木唯香、田中宏暁

スロージョギングの有効性に関する研究

―低速走行と歩行の生理学的データの比較から―

資料

家吉彩夏、松村 勲、山本正嘉

長距離走選手のトレーニング評価指標としての「ランニングポイント」の提案

◆第25回ランニング学会大会・プログラム報告

1)プログラム報告

<基調講演>

有吉正博

ジュニアから、シニア、そしてグランドシニアへ

<キーノートレクチャー>

宮下政司

脂質異常症の予防のための運動・生活運動を科学する

<ランチョンセミナー>

伊藤静夫

マラソンレース中の適切な水分補給について

2)一般研究発表抄録

投稿規定

編集後記