• 学会誌

機関紙・発行書籍について

ランニング学研究 Journal of Running Science

ISSN:0919-4312

Ranningugaku kenkyu

SEP.2015 VOL.27 NO.1

◆研究報告

原著論文

佐藤善人、田口智洋

中学校における長距離走に関する研究

―「達成」の喜びを味わうためのペース走の実践―

資料

高嶋 哲、山本正彦、上田誠仁

N市役所陸上競技部の活動におけるPR(広報)としての効果

髙山史徳、森 寿仁、家吉彩夏、佐藤雄太、津野天兵、山地啓司

100kmウルトラマラソンレースが有酸素性作業能や脚筋力に与える運動生理的影響

―市民ランナーによる事例的研究―

◆第27回ランニング学会大会・プログラム報告

1)プログラム報告

キーノートレクチャー

山地啓司

ランニング科学の温故知新

〜基礎から応用へ、仮説から実用化へ〜

シンポジウム2

能瀬さやか、土肥美智子、川原 貴

ランナーの月経痛対策

2)一般研究発表抄録

投稿規定

編集後記