• 学会誌

機関紙・発行書籍について

ランニングリテラシー

単行本: 218ページ
出版社: 大修館書店
ISBN-10: 446926721X
ISBN-13: 978-4469267211
発売日: 2011/8/1
商品の寸法: 21.3 x 15.2 x 1.9 cm
価格: ¥1,680 (税込)

Amazon.co.jpで購入

目 次

  • 第1章 楽しき哉 走る世界
    • 1-1 楽しく走る
    • 1-2 走れば進化する ―ランニング進化論―
    • 1-3 四季を走る
  • 第2章 走る準備はできていますか
    • 2-1 ウォーキング・ジョギング・ランニング
    • 2-2 ランニングのいろいろ ―ランニング手段のとらえ方とバリエーション―
    • 2-3 大事になる前に健康チェック
    • 2-4 走る時間を見つけよう
    • 2-5 走るコースの見つけ方
    • 2-6 走るのは食べる前?食べた後?
    • 2-7 走りの足元 ―シューズの選択法―
  • 第3章 ランニングへの取り組み
    • 3-1 取り組みの第一歩
    • 3-2 準備運動の重要性
    • 3-3 トレーニングを続けるコツ
    • 3-4 日常のケアとトレーニング
    • 3-5 マナーと危険への備え
  • 第4章 ランニングは健康の指南役
    • 4-1 ランニングは有酸素運動 ―酸素を吸うことの大切さ―
    • 4-2 究極のダイエットがランニング
    • 4-3 走ることは快楽だ ―脳がよろこぶランニング―
    • 4-4 ランニングと寿命
  • 第5章 知っておきたい大事なこと
    • 5-1 レースで起きるアクシデント ―原因はさまざま―
    • 5-2 マラソンレース中の適切な水分補給について ―ランニング学会の見解―
    • 5-3 心をフレッシュに走る大切さ
    • 5-4 ケガにはこのように対処します
    • 5-5 レース前日の準備
    • 5-6 レース前の過ごし方、レース当日の過ごし方
  • 第6章 ステップアップのランニング
    • 6-1 トレーニングには法則がある
    • 6-2 どのくらい走ればマラソンを完走できるか
    • 6-3 フォームの話
    • 6-4 ストライド走法とピッチ走法
    • 6-5 呼吸のリズムをつかむ
  • 第7章 ランニングは科学が生きるスポーツだ
    • 7-1 最大酸素摂取量の話
    • 7-2 乳酸性作業閾値を知ることが成功につながる
    • 7-3 心拍数を使いこなそう
    • 7-4 軽ければ速くなるか
    • 7-5 高地トレーニングの科学
  • 第8章 これが体に効くトレーニングだ
    • 8-1 インターバルトレーニング
    • 8-2 レースペースラン
    • 8-3 ビルドアップラン
    • 8-4 LT・OBLAペースのトレーニング
    • 8-5 ヒルトレーニング
    • 8-6 サブスリーを目指す
  • 第9章 レースを迎えるに当たって
    • 9-1 コンディショニングの意義と方法
    • 9-2 ペースを守ろう
    • 9-3 マラソンにおける目標設定
  • 第10章 走って食べる。栄養の話
    • 10-1 バランスよく食べる大切さ
    • 10-2 トレーニング後は炭水化物を
    • 10-3 タンパク質の摂り方
    • 10-4 BCAAってなんだ
    • 10-5 グリコーゲンローディングをしてみよう
    • 10-6 貧血を食事で予防