• お知らせ

2009.12.11

平成21年12月吉日

ランニング学会会員の皆様

ランニング学会
会長 有吉 正博

指導員養成研修会開催のお知らせと参加者の募集について

 本学会では、学会事業として5年目を迎えた「ランニングクラブ事業」の充実を念頭に置き、昨年度より、市民ランナーのランニング指導に携わる方を対象とした「指導員養成講習」を実施しております。
 本年度も第1回目が7月に東京学芸大学で開催されましたが、下記の通り、本年度第2回目の講習会を開催する運びとなりましたので、お知らせいたします。講習会参加をご希望される方は、別紙の概要をご参照の上、お申込ください。
 なお、本講習会は、定員50名といたしておりますので、お申込みいただいても、参加いただけない場合がございますので、予めご承知おきください。

1. 期日:平成22年2月6日(土)〜7日(日)
2. 場所:大阪学院大学
3. 研修会内容:ランニング科学全般に関わる講義と実技(別紙参照)
4. 参加資格:
   1)ランニングクラブ指導に携わっているランニング学会員
    およびランニング学会入会予定の方で、クラブ代表者の
    推薦を受けた方
   2)ランニング学会会員
5.参加費:10,000円
6.定員:50名

以上

通知及び申込書

講義概要一覧

講習科目の内容

2009.12.5

第22回ランニング学会大会概要

開催要項
日程(第1日目) 3月13日(土)9時〜17時30分 
  (第2日目) 3月14日(日)9時〜16時00分 
会場 横浜市スポーツ医科学センター大研修室ほか
メインテーマ 「ランニング障害とその予防」
大会長 藤牧利昭(横浜市スポーツ医科学センター)
他の日程
 理事会 3月12日(金)16時〜 理事会 
 学会総会 3月13日(土)13時〜 理事会 
 懇親会 3月13日(土)18時頃から(会費、会場未定)
参加申し込み
大会参加申し込み期限 1月28日(木)午後5時
研究発表受付 一般研究発表Aおよび一般研究発表B:いずれもポスター(90×180cm)
研究発表申込期限 1月28日(木)午後5時(学会大会号への抄録原稿を同時提出)
大会参加費 ランニング学会会員 2日間 4,000円、1日 2,500円
AVRC会員 2日間 4,000円、1日 2,500円
一般 5,000円、1日 3,000円
学会大会専用口座 東京三菱入間支店(店番号 606)
口座番号(普通)0038679
名義 第22回ランニング学会大会事務局代表藤牧利昭
主なプログラム
基調講演  中嶋寛之
海外招待講演 Stephen, W. H. Wong(The Chinese Univ. of Hong Kong)
講演 「歴代トップ選手の科学サポート」雨宮輝也
一般研究発表A・B ポスター発表
前年度優秀発表賞講演 A)岡本英也 B)鍋倉賢治
キーノートレクチャー 「オーバーユース(使い過ぎ)症候群の病態と治療」遠山晴一
キーノートレクチャー 「長距離ランニングとアネロビックな能力」森丘保典
講演と実技 「ランナーのセルフマッサージ」泉
講演と相談 「ランニング障害の事例とその対処」小嵐正治
シンポジウム:東京マラソンの将来像
 「東京マラソンの将来像」東京マラソン招致委員・早野忠昭ほか
特別講演(1) 高岡寿成(日本記録保持者)
特別講演(2) 坂本雄次(ランニングプロデューサー)
ランニング相談 障害予防、トレーニング

2009.11.6

平成21度ランニング学研究基金受賞者が決定しました。平成21年度のランニング学研究基金への応募は10席でした。10月19日に開かれた常務理事会で審議された結果、以下のように決定致しました。今後ともランニング研究への投稿の程、宜しくお願い申し上げます。

 
論 文 題 目
氏 名
所 属
1

女子長距離ランナー200名のAerobic Work Capacity

足立 哲司
大阪体育大学大学院
2

長距離走行中の血糖変動を用いた競技能力の評価方法

中村 和照

筑波大学大学院人間総合科学研究科体育科学専攻

3

地形療法の要素を取り入れたジョギング練習の効果

木下 藤寿
財団法人
和歌山健康センター
4

トレイルランニングの環境へのインパクトとランナーの自然環境に対する意識の実態

村越 真
静岡大学教育学部
5

身体各部位の脂肪量及び筋量が長距離パフォーマンスに及ぼす影響

吉岡 利貢
筑波大学体育センター

 

2009.10.18

★広報委員会よりニューズレター10号が届きました。

2009.8.18

2009年度ランニング学研究助成募集のお知らせ

今年度もランニング学の普及、発展に寄与する研究を推進するため、研究助成を行ないます。会員の皆様、奮ってご応募下さい。

・・・募集要項

・・・申請書(PDF形式)

・・・申請用紙(エクセル形式)


平成21-22年度学会役員について→こちら

2009.7.12

ランニング学研究 VOL.21 NO.1が発刊されました。

2009.6.9

=賛助会員の日清ファルマ(株)よりお知らせ=

WGHウルトラチャレンジ募集開始(6月20日まで)

◎宮古島へご招待◎

2009年度ランニング学研究助成募集のお知らせ


Link:日本体育スポーツ科学学術連合

2009.5.30

海外文献紹介第13号が届きました。

紹介者は平成国際大学 仙石泰雄先生です。

「Effect of strength training on running economy」


Link:日本体育学会

2009.5.16

ランニング学会会員の皆様

ランニング学会 会長 有吉 正博

 

指導員養成研修会開催のお知らせと参加者の募集について

本学会では、学会事業として5年目を迎えた「ランニングクラブ事業」の充実を念頭に置き、昨年度より、市民ランナーのランニング指導に携わる方を対象とした、「指導員養成講習」を実施しておりますが、学会大会総会(21年3月)において本年度も引き続き開催することが決定いたしました。

本年度は、下記の通り、指導員養成講習会を開催する運びとなりましたので、お知らせいたします。講習会参加をご希望される方は、別紙の概要をご参照の上、お申込ください。

昨年度ご参加いただいた方も、事後研修の意味でご参加いただくことを歓迎いたします。その場合、確認試験は免除となります。

なお、本講習会は、定員50名といたしておりますので、お申込みいただいても、参加いただけない場合がございますので、予めご承知おきください。

 

  1. 期日:平成21年7月11日(土)〜12日(日)
  2. 場所:東京学芸大学
  3. 研修会内容:ランニング科学全般に関わる講義と実技(別紙参照)
  4. 参加資格:
    1)ランニングクラブ指導に携わっているランニング学会員およびランニング学会入会予定の方で、クラブ代表者の推薦を受けた方
    2)ランニング学会会員
  5. 参加費:10,000円
  6. 定員:50名

通知及び申込書

講義概要一覧

講習科目の内容


第2回ランニング指導員養成研修会事務局よりご連絡。

大変遅くなりましたが、本日、17名の方に認定証を送付いたしました。

近日中にはお手元に届くと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

西日本事務局 足立哲司

2009.5.15

★広報委員会よりニューズレター9号が届きました。

2009.5.7

レンタルサーバーをロリポップからチカッパへ以降作業中です。

2009.5.4

海外文献紹介第12号が届きました。

紹介者は徳島大学 小原繁先生です。

「No Indications of Persistent Oxdative Stress in Response to an Ironman Triathlon」

2009.4.19

ランニング学会主催、大塚製薬協賛で開催しているアミノバリューランニングクラブも5年目を迎えます。

今年は新規の開催クラブを募ることになりました。

多少の必須条件と審査があります。

開催希望の会員の方は、下記の申請書類に記入し、提出してください。

申請期間は4月19日〜25日(厳守)

申請書類

審査報告は約1週間後とします。

(提出先)

2009.4.6

3月27日に行われた理事会にてランニング学研究のPDF化および会員への無料配布が決定致しました。

つきましては、今後準備が出来次第、随時、ページをアップしていきます。

<今後の予定>

1)学会誌のページよりPDF(画像データ)をリンク開始。

但し、アブストラクトあるいは1ページのみ。

2)学会会員専用サイトの開設・・・新たにレンタルサーバー増設後となります。

3)ID、パスワードにより学会員専用サイトに入り、各号のPDFをフリーダウンロード。但し、第1号から第19号までは画像データ、第20号以降はテキスト埋め込みPDFの予定。

4)学会員のみならず一般の方にも分かるような解説付きページの作成

管理 足立 哲司 (理事兼IT委員会委員長)

2009.4.4

第21回ランニング学会大会が無事閉幕いたしました。

次回の第22回ランニング学会大会開催予定地は、神奈川の横浜市スポーツ医科学センターです。

大会長は、ランニング学会副理事長の藤牧利昭氏となります。


第21回ランニング学会大会最優秀発表賞は下記のお二人です。

おめでとうございます。

A発表

「接地中の膝・脚関節動作がパフォーマンス、重心上下動、下肢筋厚と関連する」

岡本 英也(京都大学大学院)
山田 陽介(京都大学大学院)
足立 哲司(大阪体育大学大学院)
小田 伸午(京都大学大学院)

B発表

「辛いスピード練習、距離走をやらなくても走れる!?

〜自転車を用いたクロストレーニングの実践報告〜」

鍋倉 賢治(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
吉岡 利貢(筑波大学体育センター)
中垣 浩平(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
中村 和照(筑波大学大学院人間総合科学研究科)


2008年度学会賞、学会奨励賞

学会賞

「骨格筋のPGC-1αとPDK発現を増強する運動条件からみたマラソントレーニング」

田中 宏暁(福岡大学スポーツ科学部)
飛奈 卓郎(福岡大学スポーツ健康科学研究科)
井上  彩(福岡大学スポーツ健康科学研究科)
中島 裕之(福岡大学スポーツ健康科学研究科)

学会奨励賞

「暑熱環境における52kmマラソン中の給水量がレースパフォーマンスに与える影響について」

中村 和照(筑波大学大学院体育研究科)
緒形 ひとみ(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
仙石 泰雄(平成国際大学スポーツ科学研究科)

2009.3.4

第21回ランニング学会大会プログラム(PDF版)配布を開始いたしました。

第2回ランニング指導員養成研修会は無事終了いたしました。

近畿圏のみならず関東、北陸、中国、九州地方など全国各地から19名が参加されました。

2009.2.12

第2回ランニング指導員養成研修会の参加申込を2/16まで延長いたします。参加ご希望の方は、是非、お申し込み下さい。

第21回ランニング学会大会事務局より連絡

1/31 Webによる事前参加申込を終了いたしました。

2/4 一般研究発表の登録を終了いたしました。

学会大会実行委員会は第7回の開催を終了いたしました。

現在、プログラム資料作成中です。

来週にはPDF版を事前参加申込者に配信予定です。

また、学会大会サイトにても配布予定です。

学会大会についての詳細は、学会大会のサイトを参照下さい。

2009.1.23

第2回ランニング指導員養成研修会スケジュール(in大阪)

会場 大阪体育大学(最寄り駅 JR阪和線熊取)

開催期日 2009年2月21(土)-22日(日)

受講料 10,000円(懇親会参加の方は、別途懇親会費が必要です。)

申込締切 2009年2月10日  申込フォーム ← 2009年2月16日まで延長します。

講義のほかに実技があります。

筆記用具のほかにランニングが出来る服装を準備下さい。

更衣室、シャワーは使用可能です。

※申込の際に推薦者がない場合は、西日本事務局足立にご相談下さい。

定員にはまだ十分余裕があります。

1日目 講義/実技 各70分(講演60分、質疑10分)
時間 分野 研修科目 形式 講師
9:00〜9:30 受付
9:30〜9:45 開校式/オリエンテーション
9:45〜10:55 ランニングの科学 バイメカ系ランニングの科学 講義 榎本靖士
11:25〜12:35 ランニング実技指導法 バイオメカニクス系トレーニング 実技
12:35〜13:30 昼休み
13:30〜14:40 トレーニングの科学 トレーニングの基礎理論と実践 講義 藤牧利昭
14:50〜16:00 トレーニングの科学 応用科学とランニングレース 講義 豊岡示朗
16:10〜17:20 スポーツ医学 整形系チェックと予防・治療 講義 鳥居 俊
18:00〜20:00 懇親会
 
2日目 講義/実技 各70分(講演60分、質疑10分)
9:00〜10:10 ランニングの科学 生理系ランニングの科学 講義 田中宏暁
10:40〜11:50 ランニング実技指導法 有酸素系トレーニング 実技 佐藤光子
11:50〜13:00 昼休み
13:00〜14:10 スポーツ医学 内科系チェックと予防・治療 講義 川原 貴
14:10〜14:40 復習タイム
14:40〜15:30 試験
15:40〜16:00 閉会式

西日本事務局 担当 足立哲司

2009.1.20

第21回ランニング学会大会事務局よりタイムスケジュールを公開しました。