• お知らせ

2010.12.27

第23回ランニング学会大会情報!!

学会大会事務局より学会大会案内とプログラムおよび研究発表申込が届きました。

学会大会案内とプログラム

研究発表申込

2010.12.16

2010年度第2回ランニング学会指導員養成講習会の概要(案)

開催期日   2011年2月11日(金・祝)〜12日(土)

会 場    大阪学院大学

講習会事務局 山内 武(指導員養成委員会・大阪学院大学)

2010第2回講習科目(案)

申し込み用紙

概 要


分野 形式 講習科目と担当講師(予定)
スポーツ医学 講義 内科系チェックと予防・治療
(川原貴 国立スポーツ科学センター)
整形系チェックと予防・治療
(鳥井俊 早稲田大学)
ランニングの科学 ランニングの科学・生理系
(豊岡示朗 大阪体育大学)
ランニングの科学・バイメカ系
(榎本靖士)変更→(岡本英也 ミズノ株式会社)
ランニングの
楽しさと基礎理論
ランニングの楽しさ、楽しみ方
(有吉正博 東京学芸大学)
ランニングとトレーニングの基礎理論
(藤牧利昭 帝京平成大学)
科学に基づく
ランニング指導
実技 初心者・初級者のランニング指導の進め方
(佐藤光子)
中級・上級者のランニング指導の進め方
(山内武 大阪学院大学)

その他

1日目終了後 交流会、意見交換会
全講習終了後 確認試験
今後の案内、閉講式

2011年度第1回は、2011年7月頃東京学芸大学で開催予定

指導者養成委員会委員長 藤牧利昭

2010.11.23

平成22度ランニング学研究基金受賞者が決定しました。

平成22年度のランニング学研究基金への応募は10席でした。11月18日に開かれた常務理事会で審議された結果、以下のように決定致しましたので報告します。応募された方々、今後ともランニング研究への投稿の程、宜しくお願い申し上げます。

ランニング学会会長 有吉正博

 
論 文 題 目
氏 名
所 属
1

児童の持久走に対する意識変容と体格・体力・学力に関する縦断的研究

森村 和浩
福岡大学
スポーツ科学部
2

発育期のランナーにみられる競技記録とべき指数との関連性に関する研究

山地 啓司

立正大学法学部

3

携帯型加速度計(myotest-run)を用いた中長距離におけるランニング動作の分析

山内 武
大阪学院大学
4

標準動作モデルによる長距離フォームの改善に関するバイオメカニクス的研究

平田 海

筑波大学大学院
人間総合科学研究科
体育学専攻

2010.11.1

ラン二ング学会として初めてのPosition statement、「マラソンレース中の適切な水分補給について」を7月にラン二ング学研究VOL.22,NO.1にて発表しました。

そのPDF版を掲載します。論文、講演、授業、講習会、ロードレースやマラソンへの参加などに利用して下さい。

2010.10.29

★広報委員会よりニューズレター12号が届きました。

2010.10.13

日本オリエンテーリング協会とランニング学会共催で下記のシンポジウムを開催いたします。

「森を走ろう」アスレティックアウトドアスポーツの現状と課題

日 時:2010年12月26日 10:00-15:30
場 所:立正大学大崎校舎11号館
内 容:第1部

   シンポジウム
    トレイルランニング:その可能性と課題

   基調講演 「アウトドアスポーツの歴史に学ぶ」 村越 真

   パネルディスカッション
     コーディネーター 山西哲郎
     パネリスト 鏑木 毅
           田中正人

   第2部 分科会
    a)ランナーのための森の走り方
    b)ナヴィゲーションスポーツの魅力
    c)森の中のランニング大会の作り方
    d)地域・環境とランニング

定 員:300名
参加料:500円(日本オリエンテーリング協会指導員、競技者登録者およびランニング学会会員は300円)資料代。当日徴収。

申 込:2010年12月10まで

       詳細は案内を参照ください。

 

2010.9.9

追伸:ランニング学会指導員養成講習会の参加申込締め切り延長について

参加申込締め切り変更

平成22年9月10日(金)

平成22年9月22日(水)

2010.8.30

ホームページのデザインを変更。

=事務局からのお知らせ=

大学のIP電話化に伴い、FAXが廃止となりました。

今後のFAXの対応については、検討中です。

FAXによる連絡が不通ですので、電話、E-mailのみでの対応とさせていただきます。

また、事務局のe-Mailアドレスが変更になりました。

2010.8.26

2010年度ランニング学研究助成募集のお知らせ

今年度もランニング学の普及、発展に寄与する研究を推進するため、研究助成を行ないます。会員の皆様、奮ってご応募下さい。

・・・募集要項

・・・申請用紙(エクセル形式)

2010.8.24

ランニング学研究 VOL.22 NO.1が届きました。

2010.8.6

2010年度第1回ランニング学会指導員養成講習会の概要(案)

開催期日   2010年10月2日(土)〜3日(日)

会 場    東京学芸大学

講習会事務局 藤牧利昭(指導員養成委員会・帝京平成大学)

2010第1回講習科目(案)

申し込み用紙

分野 形式 講習科目と担当講師(予定)
スポーツ医学 講義 内科系チェックと予防・治療
(川原貴 国立スポ-ッ科学センター)
整形系チェックと予防・治療
(鳥井俊 早稲田大学)
ランニングの科学 ランニングの科学・生理系
(伊藤静夫 日体協スポ研)
ランニングの科学・バイメカ系
(岡田英孝 電気通信大学)
ランニングの
楽しさと基礎理論
ランニングの楽しさ、楽しみ方
(山西哲郎 立正大学)
ランニングとトレーニングの基礎理論
(藤牧利昭 帝京平成大学)
科学に基づく
ランニング指導
実技 初心者・初級者のランニング指導の進め方
(吉岡利貢 筑波大学)
中級・上級者のランニング指導の進め方
(佐伯徹郎 日本女子体 育大学)

その他

1日目終了後 交流会、意見交換会
全講習終了後 確認試験
今後の案内、閉講式

※2010年度第2回は、2011年2月頃大阪学院大学で開催予定


第23回ランニング学会大会in徳島 情報掲載

2010.7.23

海外文献紹介第14号が届きました。紹介者は大阪学院大学 山内武先生です。

「Foot strike pattern and collision force in habitually barefoot versus shod runners」

2010.7.5

ホームページ管理者より

カウンター機能に不具合が生じていたため、カウンターを削除しました。

2010.5.23

★広報委員会よりニューズレター11号が届きました。

2010.2.4

第22回ランニング学会大会情報

講演タイトル変更のお知らせ

1日目 教育講演 森丘保典先生

「長距離走とアネロビックな能力」→「相補的「予習」トレーニング」

最新プログラム(2/4号)

2010.2.1

2010市民ランナー交流セミナーについて追加連絡。

参加申込締切延長

平成22年1月31日 → 平成22年2月7日

是非、ご参加下さい。

2010.1.30

2010市民ランナー交流セミナーのご案内

■日 時 : 平成22年2月11日(建国記念の日)

■会 場 : 日本大学経済学部7号館  東京都千代田区三崎町1-3-2

JR総武線・都営三田線 「水道橋駅」より徒歩3分

■参加費: 第一部〜第二部(3,000円)、第三部(3,000円)

■主 催  NPO法人 日本市民スポーツ海外交流会(JSIE)

■協 賛  大塚製薬株式会社、日清ファルマ株式会社、日本製粉株式会社

■協 力  日本大学経済学部

NPO法人 日本スポーツボランティア学会

NPO法人 日本スポーツアロマトレーナー協会

NPO法人 日本福祉協議会

ランニング学会

ハイテクスポーツ塾

「ランニングの世界」友の会

要  項

参加申込

2010.1.29

第22回ランニング学会大会情報

1/28(木)17:00  →  2/3(水)23:00

2010.1.27

第22回ランニング学会大会情報

以下の3プログラムの開催時間が変更になりました。

3/13 11:00 基調講演 中島寛之 「ランニングとスポーツ医学」

変更→3/14 9:45へ

3/13 15:30 特別講演 雨宮輝也 「歴代ランナーの測定とサポート」

変更→3/13 11:00へ

3/14  9:45 教育講演 森丘保典 「長距離走とアネロビックな能力」

変更3/13 15:30へ

2010.1.11

第22回ランニング学会大会情報

学会大会HPを立ち上げました。