• 学会誌

機関紙・発行書籍について

ランニング学研究 Journal of Running Science

ISSN:0919-4312

Ranningugaku kenkyu

MAR.2018 VOL.29 NO.2

◆研究報告

原著論文

後藤晴彦、鳥居 俊

市民ランナーのランニング・スタイルとランニング障害の関係

髙山史徳、鍋倉賢治

学生市民ランナーにおけるマラソンレース後の筋痛

―トレーニング状況およびレースパフォーマンスとの関連性からの検討―

佐藤善人

義務教育期におけるランニングのカリキュラムに関する研究

―小学校と中学校の接続に注目して―

石倉恵介、小峰昇一、羅 成圭、宮﨑照雄、宮川俊平、吉岡利貢、鍋倉賢治、大森 肇

分岐鎖アミノ酸(BCAA)摂取がマラソン後の血清C反応性タンパク質濃度ならびに血漿グルタミン濃度に及ぼす効果

中沢 孝、辻本健彦、田中喜代次

日本人中高年男性マラソンランナーにおける走記録の横断的推移

資料

河合美香

初心者を対象としたクラブにおける女性ランナーの特性と課題

〜トレーニングをサポートするための基礎資料〜

◆第29回ランニング学会大会報告

シンポジウム

藤牧利昭、友金明香、鍋倉賢治、山内 武

アミノバリューランニングクラブ(AVRC)とランニング学会

投稿規定

編集後記