学会大会

第35回ランニング学会大会 -ランニングの「魅力」再考-

更新情報
 
2022年11月28日
主なプログラムに登壇者を追加しました。
2022年11月20日
事前参加申込ならびに一般研究発表申込の受付を開始しました。
2022年11月7日
主なプログラムに登壇者を追加しました。
2022年10月11日
主なプログラム(第一報)を掲載しました。
2022年8月27日
協賛募集の案内および申込フォームを設置しました。
2022年8月15日
第35回大会のページを開設しました。詳細は随時追記されます。

第35回ランニング学会大会実施案

会期 2023年3月4日(土)~5日(日)

会場 東京学芸大学
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4丁目1-1

開催形態 来場参加と一部オンライン参加のハイブリッド型での開催(詳細検討中)

アクセス 東京学芸大学HP(外部リンク)

3/5(日)に東京マラソン2023が開催されます。混雑が予想されますので、宿泊施設のご予約はお早めにご検討ください。

大会長 繁田 進(東京学芸大学)

大会テーマと主なプログラム(第一報) ランニングの「魅力」再考

※時間やプログラムは予定であり、変更になる可能性があります。

3月4日(土)【第1日目】
10:00 開会挨拶
10:15〜11:00 基調講演
有吉正博(ランニング学会元会長 東京学芸大学名誉教授)
ランニングの魅力
11:10〜12:10 前年度優秀発表賞講演
小木曽一之(青山学院大学)
齋藤祐一(環太平洋大学)
小林桃子(東京理科大学大学院)
13:00〜14:40 シンポジウム1「市民ランナーから見たランニングの魅力」
シンポジスト:
林弘乃(AVRC多摩川)
中嶋友里(ランニングインスタグラマー)
後藤秀樹(NHKチーフ・プロデューサー 元「ランスマ倶楽部」担当)
座長:髙田由基(帝京科学大学)
15:00〜16:10 競技者育成のための実技講習会 兼指導員養成講習会①(実技)
指導者:齋藤由貴(日本郵政チーフコーチ)
(学会大会1日目終了)
16:20〜17:30 指導員養成講習会②(実技)
指導者:佐伯徹郎(日本女子体育大学)
※対象は本学会認定指導員資格の取得希望者および資格所有者
3月5日(日)【第2日目】
9:00〜11:50 一般研究発表(A・B)
口頭発表、ポスター発表
12:00〜12:45 ショート・ディスカッション「競技者から見たランニングの魅力」
対談者:行場竹彦(アールビーズ社 100kmマラソン日本代表)
座長:竹澤健介(摂南大学)
※昼食を食べながらの実施となります
13:00〜13:30 総会
13:40〜14:40 プロジェクト研究発表
14:50〜16:10 シンポジウム2「教育としてのランニングの魅力」
シンポジスト:
小松恒誠(山形大学)
蓑和廣太朗(松戸市立河原塚中学校)
座長:齋藤祐一(環太平洋大学)
16:10 閉会挨拶

参加費

来場参加
(一般研究発表)
オンライン参加
学会員 5,000円 5,000円
学 生 3,000円 3,000円
非会員 5,000円 5,000円
お弁当 1,000円 -
※感染症対策のため、来場参加は事前申込とさせていただきます。
※いずれも税込み。振込手数料等についてはご負担ください。

振込先

三菱UFJ銀行 国分寺支店(店番557)
普通 0483903
第35回ランニング学会大会 佐藤善人
※1月17日(金)までにお振り込みください。

参加申し込み

  • 事前参加申込締切:2023年1月17日(金)

以下のリンクまたはQRコードから、参加申込フォームへお進みください。合わせて参加費(弁当代を含む)を上記口座にお振り込みください(振込手数料はご負担ください)。

参加申込フォーム
 

一般研究発表

  • 発表申込締切:2023年1月17日(金)18時

発表方法について

  • A発表:完結型研究(科学的研究および実践的研究)
    • 口頭発表
  • B発表:非完結型研究(科学的研究、実践的研究、指導報告など)
    • ポスター発表
発表区分の詳細

A発表:完結型研究(科学的研究および実践的研究)

仮説を⽴て検証するなど、一定のオリジナルな知見を発表する形の研究

B発表:非完結型研究(科学的研究、実践的研究、指導報告など)

オリジナルな知見の有無に関わらず、有用と思われる知見の報告。

  • 例1:将来的にビッグデータの一部として意味を持つ可能性のあるデータの報告
    具体例)マラソン走行中の走速度、歩幅、ピッチ数、心拍数
  • 例2:データ数が不⼗分で、統計的評価が難しい研究
  • 例3:研究の性格上、対照群が設定しにくく、統計的評価が難しい研究
  • 例4:先⾏研究が少なく、⽅法論が⼗分確⽴されていない研究
  • 例5:先⾏研究との⽐較対象が難しい事例研究など
  • 注意事項
    • 発表者(ファーストオーサー)は、学会員である必要があります。
    • 発表内容について実行委員会で審査し、場合によってはカテゴリーを変更していただくこともあります。

以下のリンクまたはQRコードから、発表申込フォームへお進みください。

一般研究発表申込フォーム
 

協賛募集

「第35回ランニング学会大会へのご協賛のお願い」をご参照の上、下記ボタンをクリック、またはスマートフォンなどでQRコードを読み取ると、協賛申し込みフォームのページが開きます。そちらからお申し込み下さい。

協賛申込フォーム
メールでのお申し込みの場合

下記の書式をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、run35tgu@gmail.comまでメール添付にてお送りください。

 

第35回ランニング学会大会事務局

〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4丁目1-1 東京学芸大学 佐藤善人研究室内

メール:run35tgu@gmail.com
担 当:加藤 凌